ストーリー

Craftmen
Vol. 1
現場の1から10は当たり前。
その先にある「住みよさ」を追求する。
棟梁 秋山 勝昭
思い描いているのは、
お施主さんの笑顔と暮らし

 札幌市中央区の住宅街にある現場では、2018年中の完成を目指し、内装作業が急ピッチで進められていました。現場を任されているのは43歳の棟梁、秋山勝昭(かつあき)さん。15歳で大工の世界に飛び込み、さまざまな経験を積んできたといいます。「子どもの頃、飼い始めた犬のために小屋をつくってモノづくりの面白さを知り、大工になりたいと思いました」と、秋山さんは人懐こい笑顔を浮かべて語ります。

 大元社長との出会いは18年前。大元社長がまだ道内の工務店に勤務していた頃に遡ります。「当時から、常に住まい手側の目線で図面や現場を見て、よりよくするための提案をしてくれました。今はどんな現場でも安心して任せられます」と大元社長は信頼を寄せます。

これまで数々の現場をともにしてきた大元社長と秋山棟梁は、「あ・うん」の呼吸で互いの思いが伝わる戦友のような間柄。「よりよい提案で、ともに最良のものをつくりたいという僕の思いを、誰よりも分かってくれているのが秋山君なんです」(大元社長)
「材の加工がとりわけ上手い」と一目置かれる秋山棟梁が、現場で手際よく床材の長さを調整
長さを調整した床材は、ベテラン大工の中里誠悦さんの手で丁寧に張られていく
「気は優しくて力持ち」の棟梁は、お施主さんのお子さんたちにも大人気
40代の棟梁が率いる秋山組は、70歳の中里さん、65歳の曽山益弘さんのベテラン大工が脇を固めている
Replan北海道123号掲載
Pocket