アルバム

Album

K様邸・H30年完成

薪ストーブの炎が揺れるリビングで、家づくりの思い出や住み心地について語り合うKさんご家族と大元社長
玄関と屋内の2方向からアクセスできる玄関の土間収納。天井下にはパイプを渡し、スキーなどをすっきりしまうことができる工夫を。奥には、1.5帖ほどのKさんの書斎が設けられている
階段上部の吹き抜けからこぼれる光で、明るく照らし出される1階の廊下と玄関ホール
1階の個室建具には、クラシックな趣の型ガラスを採用。好みのテイストやデザイン、素材を選べるのも手仕事が活きる注文住宅ならでは
週末を利用しKさん自らの手で壁を塗装した1階の寝室。家族構成の変化に合わせて、寝室は2室に分けることもできる
1階の子ども室の壁も、休日を利用してKさん自らペンキを塗っている。天井に跳ねたペンキもまたいい思い出に
Kさん念願の薪ストーブを設置したリビングは、窓が3方に設けられて明るい雰囲気。冬はテレビ台上の窓からまっすぐに朝日が射し込む。オーディオ収納は、Kさんが所有するソフトや機器に合わせてつくられた
造作の対面式キッチンには、奥さん待望のレンガ壁とミーレの大型食洗器を採用。収納は引き出しの深さまでこだわった
ガラスブロックの採光窓を設け、タイルを張った造作洗面台は奥さんのお気に入り。普段着る洋服はすべて、このスペースのクローゼットに集約している
木組みを現しにした天井も、Kさんの希望。階段の出入り口にはお子さんのための転落防止ドア(将来は簡単に取り外し可)を造作した。カーポート上を利用したテラスは、外が暖かくなったら活躍する予定
トドマツ張りのシンプルな外観。造作カーポートの下に玄関をレイアウトし、その屋根には2階のダイニング横から出入りできるテラスを設けた

K様邸・H30年完成

「自然と光に包まれた健康的な住まいで子育てを楽しみたい」というご夫妻の思いをかたちにした2階建ての木造住宅です。眺望に恵まれた立地を生かして2階にLDKを設け、窓から風景と陽射しをたっぷり取り込めるような暮らしの場を提案しました。リビング・ダイニングには、薪ストーブやカーポートの屋根を利用したテラスを設置。1階の寝室や子ども室の仕上げでは、ご夫妻も壁塗りに参加され、手の温もりが感じられる空間を実現しています。光が季節の移ろいを教えてくれる高台の家は、ご一家にさまざまな暮らしの楽しみをもたらすことでしょう。

設計:(有)大元工務店